岩手スポーツマガジンStandard(スタンダード)岩手をひとつにするのは、スポーツだ〜最新号紹介〜

index.gif

最新号タイトル1112.png

2017岩手県ソフトテニス特集
We can make it!
~新時代の創始者たち~

平成29年度全国高等学校総合体育大会
歓喜と栄光の舞台裏

秋季高校野球県大会プレイバック
十五少年激闘記

RUGBY WORLD CUP 2019
ここから新しい未来をつくる

第36回一関国際ハーフマラソン大会

野球チーム ひめかみ病院

2017 FUTSAL APPI CUP FINAL

hyo1.jpg

2017岩手県ソフトテニス特集
 We can make it! ~新時代の創始者たち~

昨年に続き、11-12月号ではソフトテニスを大特集します!先日のえひめ国体で少年男子が6位入賞を果たすなど、全国での活躍も目覚ましい岩手のソフトテニス界。今回の特集では、高校年代はもちろんのこと、社会人、中学、ジュニアまで、活躍が期待される注目チーム・プレーヤーを幅広くピックアップ。岩手のソフトテニス界に訪れる“新たな時代”の創始者たちをご紹介していきます。また、県内の高校選手名鑑では、男女100チームを掲載。ソフトテニスのファンのみならず、岩手のスポーツファンにとって読み応えのある特集に仕上がってますので、ぜひご覧ください!

2017アジアカップ女子日本代表・高橋乃綾/岩手高校・男子ソフトテニス部/盛岡工業高校・男子ソフトテニス部/盛岡誠桜高校・女子ソフトテニス部/黒沢尻北高校・女子ソフトテニス部/北上中学校2年・松橋由依/胆沢中学校2年・高橋偲/北上ジュニアソフトテニススポーツ少年団/相生学院高校3年・菊地裕太(硬式テニス)

p004-005.jpg

平成29年度全国高等学校総合体育大会
 歓喜と栄光の舞台裏

2017年は南東北での開催となったインターハイ。高校アスリートにとっての晴れ舞台で、今年も岩手の選手たちは輝かしい成績を残してくれました。今回の特集では、その中でも上位進出を果たしたチーム・選手へインタビューを敢行。大会でのエピソードや、戦いを終えた胸中、仲間・後輩への想いなどを語ってもらいました。

紫波総合高校・自転車競技部/盛岡第一高校・女子登山部/不来方高校・女子カヌー部/一戸高校・なぎなた部/宮古商業高校・ヨット部/盛岡誠桜高校陸上競技部3年・山田美来/不来方高校・女子ハンドボール部/盛岡工業高校ウエイトリフティング部3年・千葉元太/盛岡南高校ボクシング部3年・菊地永司

p046-047.jpg

秋季高校野球県大会プレイバック
 十五少年激闘記

毎年恒例、秋季高校野球県大会を振り返る「十五少年激闘記」です。盛岡大附属がベスト8となった甲子園の熱狂覚めやらぬ中、この秋、各学校が新チームでのスタートを切りました。秋季大会では花巻東高校が、2015年夏以来7季ぶりとなる県制覇。続く東北大会でも準優勝を果たすなど、実力を見せつけました。その一方で、県大会準優勝の黒沢尻工業高校、連合チームながら久慈地区予選を1位で通過した伊保内/大野高校など、公立校の快進撃も話題となった今大会。活躍が光った球児15人の紹介とともに、来年の太陽劇場を占っていきます。

p065.jpg

p066-067.jpg

RUGBY WORLD CUP 2019
 ここから新しい未来をつくる

2年後に迫った、ラグビーワールドカップ日本大会。Standardでは「ここから新しい未来をつくる」というタイトルのもと、今号から新たな連載をスタート。釜石開催を支える人、盛り上げる人など、様々な人物にスポットを当て、それぞれの大会にかける想いをお伝えしていきます。記念すべき第1回は、ラグビーワールドカップ2019推進室室長の山本洋樹さん。ラグビー、そして釜石に対する熱い気持ちを、インタビューで語っていただきました。

p088-089.jpg

第36回一関国際ハーフマラソン大会

秋はスポーツイベントのシーズン。Standardでは、今年で36回目を迎えた県南の名物イベント「一関国際ハーフマラソン大会」の模様をお伝えします。日本各地からの投票によって選ばれる“全国ランニング大会100撰”にも初選出を果たしたこの大会。今年は3,168人がエントリーし、互いの健脚を競いあいました。今回の特集では、現地で撮影した写真とともに、イベントの魅力を徹底レポートします!

p090-091.jpg

野球チーム ひめかみ病院

毎年開催される岩手県早起き野球選手権。ここでは、前回大会で初出場ながら準優勝を果たすなど、顕著な活躍を見せている「ひめかみ病院」の野球チームをご紹介します。普段は医療の現場で働きながら、トレーニングに励んでいる選手たち。大人になっても、ここまで野球を続けられる理由とは。また、高校野球とは一味違った社会人野球の面白さとは。選手へのインタビューとともに探っていきます。

p092-093.jpg

2017 FUTSAL APPI CUP FINAL

9月に盛岡市タカヤアリーナで開催された「2017 FUTSAL APPI CUP」決勝大会のレポートです。前号でお伝えした予選大会突破30チームに加え、敗者復活戦を勝ち上がった2チームの計32チームが、頂点を目指して戦った今大会。トーナメントが進むにつれて試合もヒートアップ。それぞれの優勝にかける想いが、コート上でぶつかりあいました。大会の模様をお伝えするとともに、ベスト4に入ったチームを写真付きでご紹介します。

p100-101.jpg