岩手スポーツマガジンStandard(スタンダード)岩手をひとつにするのは、スポーツだ〜最新号紹介〜

index.gif

最新号タイトル増刊.png

悔しいけれど サッカーが好きだ
高円宮杯U-18サッカーリーグ i.LEAGUE

第23回岩手県女子サッカーリーグ

岩手県ジュニアユース特集

グルージャ盛岡2017前半戦総括
菊池利三監督 インタビュー

創刊50号記念特集
想像以上の未来

第69回岩手県高等学校総合体育大会
響け、青春の凱歌 後編

いわての牛乳カップ
真夏の大地で、熱くなれ!

表紙.jpg

悔しいけれど サッカーが好きだ
 高円宮杯U-18サッカーリーグ i.LEAGUE

今回の大特集は高校サッカーです。夏場を迎え、リーグ戦も折り返し地点に入りました。今回の特集では、2つのチームをピックアップ。まずは、県内屈指の伝統校である盛岡商業高校。トップチームがプリンスリーグに所属する中、2ndチームもi.LEAGUEディビジョン1で首位争いを演じるなど、好調を維持しています。もう1チームは、盛岡誠桜高校。創部からわずかな期間で急成長を遂げ、今季は初のディビジョン2に参戦。強豪チームを相手に、奮闘を続けています。また、注目プレーヤーの紹介や、リーグ後半戦のスケジュール表、ディビジョン1~3までの選手名鑑も、いつもどおり掲載しています。昇格争い、残留争いなど、今年も終盤に向けて様々なドラマが展開されるであろうi.LEAGUE。「サッカーが好きだ」という想いのもと、ひたすらにボールを追いかける若きフットボーラーたちに、これからも注目です!

P004-005.jpg

第23回岩手県女子サッカーリーグ

高校サッカーに続き、女子サッカーの特集です。今回取り上げるのは、水沢UFCプリンセス。岩手の女子サッカー育成年代のメッカとして、これまでに数々の有力選手を輩出してきた名門チームです。これまでの活動を振り返るとともに、チームが目指す未来像をインタビューしました。また、岩手県女子サッカーリーグを戦う12チームの選手名鑑も掲載。岩手の“なでしこ”たちにも、要チェックです。

P054-055.jpg

岩手県ジュニアユース特集

今回のサッカー特集では、ジュニアユース年代もピックアップしています。今回は注目チームとして、MIRUMAE FC U-15を紹介。U-12世代を含め、数々の県内タイトルを獲得してきた同チーム。ここまで強豪であり続ける理由、そして育成における理念を、インタビューとともに探っています。さらには、みちのくリーグ・県リーグ1部に所属する12チームの選手名鑑も掲載しています。

P060-061.jpg

グルージャ盛岡2017前半戦総括
 菊池利三監督 インタビュー

4年目のサッカーJ3リーグを戦うグルージャ盛岡。第18節を終了し、3勝6分8敗の15位につけています。シーズン前半を振り返っての課題と収穫、そして巻き返しを図る後半戦に向けての意気込みについて、今季から指揮を執る菊池利三監督にお話をうかがいました。まだまだリーグは折り返し地点。チーム“一岩”となって戦い続ける盛岡の戦士たちに、皆さんも熱い声援を送りましょう!「立ち上がれ 岩手の民よ WE ARE GRULLA!」

P066-067.jpg

創刊50号記念特集
 想像以上の未来

2010年に創刊したスタンダードは、今号でめでたく50号を迎えました。これを記念し、今回はスタンダードと縁深い方々のもとへ伺い、インタビューを敢行。思い出話に花を咲かせるとともに、スタンダードへの熱いメッセージもいただきました。また、「岩手のスポーツ応援宣言!」として、岩手のトップアスリートの皆さんから中高生アスリートに向けたメッセージ、そして読者の皆さまへのプレゼントを特別にご用意しましたので、そちらもお見逃しなく!

公益財団法人岩手県体育協会副会長兼理事長・平藤淳さん/2011年盛岡第三高校野球部所属・安部隆さん/西和賀高校陸上部・本正園子監督/2011年宮古高校ヨット部所属・佐藤早紀さん

P073.jpg

第69回岩手県高等学校総合体育大会
 響け、青春の凱歌 後編

前回に続いて、県高総体特集の後編となります。今年も、多くの感動とドラマを残して幕を閉じた県高総体。今回の特集でも、県内各地のチームのもとへ出向き、喜びの声と、優勝に隠されたエピソード、そして全国に向けた決意を、それぞれ選手たちに語ってもらいました。また、後半に実施された各競技の結果も写真付きで紹介。岩手の高校生アスリートによる激闘譜を、振り返っていきます。

花北青雲高校・バドミントン部/盛岡南高校・女子水泳部/大野高校・卓球部/花巻北高校・男子アーチェリー部

P084-085.jpg

いわての牛乳カップ
 真夏の大地で、熱くなれ!

今年も岩泉町の龍泉洞グラウンドを主会場に開催された「いわての牛乳カップ」。大自然の中、そして最終日は気温30度を超える暑さの中、小学生たちは懸命なプレーを繰り広げ、会場を盛り上げました。今大会の王者は、盛岡市の仙北ゼブラ野球スポーツ少年団。準決勝、決勝では打ち合いを制し、見事14年ぶりの優勝に輝きました。特集では、準決勝・決勝を写真で振り返るともに、県大会に出場した全チームの選手名鑑も掲載していますので、ぜひご覧ください。

P106-107.jpg