岩手スポーツマガジンStandard(スタンダード)岩手をひとつにするのは、スポーツだ〜最新号紹介〜

index.gif

最新号タイトル0506.png

i.LEAGUE 2018公式パンフレット
SWITCH ON THE IGNITION
―導火線に火をつけろ―

第24回岩手県女子サッカーリーグ

中学サッカー
MIRUMAE FC U-15

コンバートの鉄則
菊池利三×中田洋介

2018年岩手県高校陸上特集
栄光への号砲

富士通陸上競技部
髙橋英輝

スノーボード
岩渕麗楽

アスリート×マンガ
あの瞬間、支えてくれたマンガたち

スーパーキッズが、岩手のスポーツを変えていく。

18年5-6月号.jpg

i.LEAGUE 2018公式パンフレット
 SWITCH ON THE IGNITION ―導火線に火をつけろ―

Standardでは今年も高校サッカーを大特集します!表紙を飾るのは、花巻東高校サッカー部のみなさん。今年3月にアドバイザーに就任した、元日本代表の「闘将」柱谷哲二氏がセンターに構えます。今回も例年同様「i.LEAGUE公式パンフレット」として注目チーム・選手を紹介するほか、今シーズンの観戦ポイント、試合スケジュール、さらにはプリンスリーグ東北に参戦する2チームを含む選手名鑑を掲載しています。今年で16回目を迎えたi.LEAGUE。2018年も、岩手の若きフットボーラーたちから目が離せません!

P004-005.jpg

第24回岩手県女子サッカーリーグ

先日のアジアカップではなでしこジャパンが見事2連覇を達成。男子に負けず劣らず、女子サッカー界も盛り上がりを見せています。注目チーム紹介では、昨年の全日本高校女子サッカー選手権に2年連続で出場した専大北上高校をピックアップ。新シーズンにかける意気込みをうかがってきました。また、岩手県女子サッカーリーグに出場する全12チームの選手名鑑も掲載。未来の「なでしこ」を目指した彼女たちの戦いにも注目です!

P046-047.jpg

中学サッカー
 MIRUMAE FC U-15

今回、中学年代で取り上げるのは「MIRUMAE FC U-15」です。東北みちのくリーグ北ブロックを圧倒的な強さで制した昨シーズン。2018年は持ち前の攻撃力を武器に、満を持して東北最高峰の「みちのくトップリーグ」に参戦します。昨年、セカンドチームも県2部リーグで優勝するなど、各カテゴリーが好成績をおさめているMIRUMAE FC。その強さの源流にあるものを取材で探ってきました。

P052-053.jpg

コンバートの鉄則
 菊池利三×中田洋介

サッカー特集の最後を飾るのは、岩手のサッカーファン必見の特別対談です。グルージャ盛岡の菊池利三監督と、盛岡商業高校の中田洋介監督。現役時代はともにサイドバックで活躍した2人ですが、いずれもプロ入り当初は攻撃的なポジションでプレーしていた経歴を持ちます。ポジションを移したことで才能を開花させ、国内トップリーグで活躍を続けた2人。指導者としての観点も踏まえながら、スポーツにおける「コンバート」の可能性について言葉を交わしてもらいました。

P054-055.jpg

2018年岩手県高校陸上特集
 栄光への号砲

いよいよ陸上シーズンの到来です。今回の特集では、2018年の躍進が期待される注目の4チームをピックアップ。指導者や選手たちに、新年度にかける意気込みをうかがってきました。また、例年と同じく、男女の注目選手紹介、県内チームの選手名鑑も掲載しています。昨今は全国での活躍も目覚ましい岩手の高校陸上界。今シーズンはいったいどんな栄光がもたらされていくのか、皆さんで注目していきましょう!

盛岡工業高校/花巻東高校/盛岡市立高校/黒沢尻北高校

P058-059.jpg

富士通陸上競技部
 髙橋英輝

今年2月、20km競歩にて日本選手権4連覇を達成した、花巻市出身の髙橋英輝選手。今や国内では敵なしの状態が続いていますが、それでも本人は「世界で結果を残せなければ意味がない」と満足する姿は見せません。世界に勝つうえで必要なことは何か、インタビューをもとにひも解いていくほか、これまでの競技生活を振り返り、岩手で頑張る中高生アスリートへのメッセージも残してくれました。

P072-073.jpg

スノーボード
 岩渕麗楽

今年2月の平昌オリンピック。スノーボード女子ビッグエアで4位となったのが、一関市東山町出身、一関学院高校2年の岩渕麗楽選手です。メダルにはあと一歩届きませんでしたが、150cmという小柄な体から繰り出される華麗なエアは、全国のスポーツファンに大きな衝撃を与えました。初めての舞台でつかんだ収穫と課題、そしてこれから目指す道とは。本人の言葉とともにお伝えしていきます。

P100-101.jpg

アスリート×マンガ
 あの瞬間、支えてくれたマンガたち

スタンダードが企画する新たな試みです。今回は「アスリート×マンガ」といったテーマで、岩手のスポーツ選手にインタビュー。人生に影響を与えたマンガを一つ選んでもらい、好きなシーンやキャラクター、本に対する思い出などをうががっています。今回は、岩手ビッグブルズから小原良公選手と千葉慎也選手、グルージャ盛岡から菅本岳選手と谷村憲一選手に登場していただきました。また、後ろのページには「今読んでおくべき本」として、書店店員がおすすめするスポーツ書籍も多数ご紹介しています。

P108-109.jpg

スーパーキッズが、岩手のスポーツを変えていく。

2007年から始まった、いわてスーパーキッズ事業。今年2月の平昌オリンピックでは、スーパーキッズ出身の小林陵侑選手がスキージャンプで大活躍するなど、徐々に取り組みの成果が表れはじめています。今回は立ち上げ当初から事業を中心となって支えている岩手県文化スポーツ部スポーツ振興課の三ヶ田礼一氏(アルベールビル五輪ノルディック複合団体金メダリスト)にお話をうかがい、これまでの取り組み、今後の指針について聞いてみました。

P116-117.jpg